ぺろっと台湾

台湾より、おすすめお散歩、グルメ情報、日常生活を発信!

Pero To Taiwan

台湾でのちょっと変わった普通の暮らし

イケメンワンタン 

注:イケメンなワンコの話題ではありません。

 

女性客が足しげく通うワンタン屋さんの存在

きっかけは職場の同僚のお誘いでした。

 

「まこてぃちゃん、トーリのワンタン食べに行きまセンカ?」

 

トーリ?何通りのワンタンやさん?と聞いてたら、

 

「違うヨ!!!

 

松坂桃李のことだよ!!!!

 

!?!!!

😵

 

ますますわけがわからないってばよ!!!

 

詳しく聞いてみると、台北の銀座、と名高い”忠孝復興”にあるワンタン屋さんに

 

松坂桃李似の店員がいる、

 

とのこと。

松坂桃李ファンの彼女はそこへ足しげく通っているそうです。

(どっちにしろ意味はわからない)

 

ちょうどこの日は忠孝復興で午後から研修があったのでお昼ご飯でいってみようとのこと。

普通の日でも18時過ぎると行列するらしいので、空いてるといいねーと言いながら現地へ向かいます。

 

美景川味面食

 

 頂好名店城という古びた雑居ビルの地下にあるグルメ街にあります。

入り口からエレベーターを降りてぐるっとエレベーターの裏まで回ったところにそれはありました。

 

f:id:makomako000:20160114202135p:plain

 

 

いや混み過ぎぃぃ!!!!

そして女大杉ぃぃ!!!! 

が、同僚いわく

「いつもより空いてるヨ〜」

 

まじか、じゃあラッキーだったね。。。とか言いつつならぶこと、20分くらい、、、やっと席につけたよ。

お店の全面。やっぱ女ばっか。。。。

f:id:makomako000:20160114202727p:plain

ちなみにトーリ似の店員さんは真ん中のエプロンの人ですよ。

私はぶっちゃけあれだったけど好きな人は好きなんではないだろうか。

 

ただ、冷蔵庫に気になる表記が。

f:id:makomako000:20160114203110p:plain

訳:

うちの店は鍋一個しかないから、ワンタン煮るならワンタン全部煮て、麺を煮るなら全部麺煮るよ  伝統だから催促しないでね!よろしく頼むぜ!

 

・・・まった挙げ句これかよ!!!お腹空いたよ!

同僚に、メニューどうするー?と聞かれたから、え、そっちはどうするの?つったら

 

「今から煮ようとしてるのがワンタンだったらワンタン頼むし、麺煮ようとしてるなら麺頼むよ。私は基本的にお店のペースにあわせて食べるもの決めるの」

なんかプロ客で恐れ入りました。

ラーメンジロー的なかんじなのね。

さしずめジロリアンならぬトリリアンね。

 

f:id:makomako000:20160114203415p:plain

ちなみにメニューこんなかんじ。

鍋を観察してきた同僚によると今からワンタン煮るからワンタンのが早い、とのことだったので以下のものを注文。ちなみにここはメニュー表がなく、口頭での直接注文。

紅油抄手 50元

(ラー油入りワンタン)

榨菜肉絲湯 45元

(ザーサイと豚肉細切り肉のスープ)

が、待っても待っても来ず。

同僚が鍋の様子を見に行ったところ、

うちらのワンタンは更に1ターン後になっちゃったとのこと・・・・

 

研修の時間もあるし、お腹空いて死にそうだから結局

担担乾麵

(汁なし担々麺)

を注文〜〜〜 おかげさまで麺ターンには間に合ったのでこっちは比較的すぐ来ました。

f:id:makomako000:20160114203822j:plain

まぜまぜ前の写真取り忘れた。。。

底に胡麻と具入りラー油がはいってて、上にはピーナッツの粉が降り掛かっててそれをまぜまぜします。

 

写真のつぶつぶはラー油にはいってる唐辛子とか花山椒のつぶです!

 

ワンタンが有名なお店だけどこれも美味しい!!!!

 

胡麻が強すぎず、ちゃんと花山椒の辛さをサポートしてて、ピーナッツの粉も舌触りがよくてするする食べれてしまう!!!

讃!!!(いいねの意)

 

そしてワンタンは時間の都合上結局食べれませんでした・・・・。。。次回もう一回いって写真撮ってきます。

 

私「ワンタン食べれなくて残念でしたねー!食べたかったんじゃないっすか??」

 

同僚

「うん。でも私はいいの、また夕飯で来るから。夕飯は担々麺とワンタン頼むってもう決めた。」

?!

私「え!まじすか、すげぇ。本当好きなんですね」

同僚

「あと元々木曜日にもまた友達と来る予定になってる」

 

どんだけだよ!!!

ちなみに12時半に並び始めて食べ終わったのが1時15分過ぎです。

とりあえず私がワンタン食べれるまでの道のりはまだ遠そう・・・・。。