ぺろっと台湾

台湾より、おすすめお散歩、グルメ情報、日常生活を発信!

Pero To Taiwan

台湾でのちょっと変わった普通の暮らし

【東門】邪悪なワンタン 〜台北東門の穴場グルメ〜

辛いものはお好きですか

 

台湾というと小籠包!マンゴーかき氷!などが真っ先に思い浮かぶところですが

実は中華料理である上海料理広東料理四川料理の美味しいお店もたくさんあります!

しかも中国で食べるものよりかなり日本人に食べやすくアレンジしてあって現地より美味しい♫♫(中国で食べると香辛料の味が強くて、ぶっちゃけバーミヤンで食べた方が美味しいのではと思う事も多々。。。)

今回はその中でも”邪悪なワンタン”(私命名)があるピリ辛四川料理の穴場レストランをご紹介!

 

”東門”を侮るべからず

私がたまにモーレツに途中下車をしてでも食べたくなる四川料理のお店が”東門”にあります。東門は台北地下鉄の真ん中あたりにあり、アクセスばつぐん。

小籠包で有名なディンタイフォンがあることでも有名。

昨日も行列してました。

f:id:makomako000:20160114174510p:plain

平日の夜なのにすごい。。。

今日紹介するお店はここと逆方向にあります。

東門川味老鄧担担麵 

メインストリートからちょっとだけ中に入ったところにあります。

もうかれこれ三代くらい続いているお店で昼に来ても夜に来てもいつもにぎわってます。

お店の看板。最近リニューアルしたからちょっときれい。

f:id:makomako000:20160114175257j:plain

中の雰囲気も清朝末期あたりの中国みたいで素敵です!(生まれてないけどね!)

 

メニューはこんなかんじ。

食べたいものの欄に数を書いて、自分の机番号を「桌號」のところに書き、店員さんに渡せば注文完了!

f:id:makomako000:20160114175515p:plain

 

今回頼むのは

乾酸辣麵 60元

(スープなし酸辣麵。乾という字のあるものはスープなしです)

紅油抄手 70元

(ラー油漬けワンタン。紅油がラー油の意味です。エキゾチック。)

であります!!!

ちなみに

榨菜肉絲麵

(ザーサイと豚肉細切り麺。辛くするとより美味しい)

も美味しいけれど今回は我慢。

あとここの看板メニューは

粉蒸排骨 120元

です。蒸した排骨(パイグー。豚肉の揚げ物)と餅米とサツマイモがはいっていてまぜまぜして頂く料理。二人以上なら頼んでも良いかも!

 

 

ちなみに麺類は全部辛さ(大辣・中辣・小辣)が選べます。

私は二つとも大辛をセレクト。

ちなみにメニューは値上げしてるし、暖かいお茶がくめるポットは撤去されてるしちょっとがっかり・・・。

ちなみに席にはラー油、お酢、醤油が完備されてるので最初に小辛を頼んでおいてあとから辛さを足すのもよいですぞ。

 

しばし待って。。きたーー!!

邪悪なワンタン登場ぅぅぅぅー!!!!!

 

f:id:makomako000:20160114180228p:plain

◀︎乾酸辣麵で▶︎紅油抄手です。うおおおお辛そう

 

紅油抄手の邪悪っぷり、あっぱれ!!!!

中から悪の大王が生まれてきそうな雰囲気。素敵ヨ!

 

 

乾酸辣麵はまぜまぜしてから食べます。

 

最初は一見純真無垢な主人公ってかんじなんですけどね。

まぜまぜするとこんな感じ。

f:id:makomako000:20160114180422p:plain

悪に、、悪に染まりかけている・・・!!!

 

ちなみにどちらも大辛ですが麺のほうが辛さがやわらかめ。

ちなみにどんな辛さかというと、辛さがのどをペチペチとたたいてる感じの辛さです。

(伝わるかしら)

そんな強烈ではないけど、このラー油のつぶつぶが喉に入り込むとえらいことになります。

一回えらいことになって、スタッフのおばちゃんに

「你要開水嗎!?!你要開水嗎!?!」

(お水いる!?!お水いる!!?!)

と心配された。自分でお茶持ってたから事なきを得ましたが。ありがとおばちゃん。

 

ちなみに食べ終わるとこんなかんじになります。

f:id:makomako000:20160114180908p:plain

 

悪の大王を倒した気分!ごちそうさま!

カロリー大魔王こんにちは!

 

辛いもの紹介シリーズ、まだまだ続きます。